デルソル・チリ・ワイン

DEL SOLのワイナリー紹介

Tinajas del Maule(ティナハス・デル・マウレ)社

DEL SOLを生産する、Tinajas del Maule(ティナハス・デル・マウレ)社は、ぶどうの栽培面積としてチリ最大で、最も伝統的なワイン造りに徹しているValle del Maule (マウレ・ヴァレー)のほぼ中央に位置しています。
マウレ・ヴァレーは、西を太平洋、東をアンデス山脈に挟まれた、世界でも稀にみる自然障壁がある土地だといえます。この特異な地形と気候が、19世紀後半にヨーロッパで、ぶどうの壊滅的な被害をもたらしたフィロキセラという寄生虫からチリワインを防いでくれたのです。
1918年頃、メンドーサ・エンリケ・ファミリーがこの地一帯に様々な種類のぶどうの木を植樹し、熟成したワインを作るためオーク樽のセラーを建立しました。
1997年に、メナ・ウンドゥラーガ・ファミリーが、ワイナリーを買収し、最先端の技術で新しいセラーを建て、高品質のワイン生産が可能となるように、国際基準を満たすべく設備を近代化しました。現セラーの生産能力は、年間300万リットルに達します。

Valle del Maule (マウレ・ヴァレー)

現在300ヘクタール以上の土地には、特別な気候と優れた土壌のおかげで、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シラー、カルメネーレ、ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネといった多品種のぶどうが栽培されています。
オーナー兼アグリ・エンジニアのファン・イグナシオ・メナが、自ら、ワインの生産から醸造まで全工程を掌握し、チリを代表するエノロゴのエドムンド・ボルデウ・シュワルゼ教授が監修を行っています。

伝統的手法

ティナハス・デル・マウレ社は、ぶどうの自家栽培から、手摘収穫、醸造、そして瓶詰めに至るまで、他人に依存せず自社で完結させることにこだわっています。自らの手で責任ある商品を出荷することは、高い品質を維持する上で非常に大切なワイン造りの基本姿勢だと考えるからです。一見、時代に逆行した前近代的手法に思えるかもしれませんが、そもそもワイン醸造は大量生産に向いた産業ではありません。高い品質を維持するために敢えて伝統的な手法を継承する・・・ 
近代化という大きなうねりに飲まれて生産効率を求め続けてきた私たち、日本人がどこかに置き忘れてしまった大切なものを、アンデスのふもとで太陽とともに大切に温め続けている素晴らしい人達がここにいます。

"世界一" の称号

2008年チリ独自の品種として個性的なカルメネーレ種を使用した、カルメネーレ2008は、第2回カルメネーレ・インターナショナル・コンクールにて、見事、Experimentalカテゴリーで金賞を受賞しました。

Juan Ignacio Menaオーナーから日本の皆様へ

【日本のみなさまへ】

Juan Ignacio Mena私どものワイナリーでは、ブドウは自家栽培にこだわり、収穫、醸造、そして瓶詰めに到るまで全て自社で行っております。
時代に逆行しているように思われるかもしれませんが、常に変化する環境に対応し、他人に依存せず徹底した"トレーサビリティー"を構築することは、ワイン造りの生命線であると信じて止みません。
どうぞ、安心して私達の生産したDELSOLをお楽しみください。

オーナー兼醸造家: Juan Ignacio Mena

デルソル・チリワイン

インフォメーション

Information

Komeno-Mariko

シニアソムリエ米野真理子さんがDEL SOLを応援!
著書「ワインライフ入門」絶賛発売中!

無料サンプル

Sample Present

無料サンプル

DEL SOLの試飲をご希望の方々に、試飲用サンプルの無料贈呈キャンペーンを行っております。

ワインについて

About Wine

ワインについて

デルソルの生まれ故郷、南米チリ、簡単に分かる、ワインと料理の相性 、ワインのぶどうの種類 、ワインの香りなど・・・・

デルソル・チリワイン・携帯サイト