デルソル・チリ・ワイン

簡単に分かる、ワインと料理の相性

簡単に分かる、ワインと料理の相性 : チリ ワイン

美味しい料理とおいしいお酒は切っても切り離せない存在。それは古今東西共通のようです。ワインもやはり料理と一緒に飲むことで、料理の味を引立て、またワインそのものの味も美味しくなります。そんなワインと料理の相性をご紹介します。しかし、もちろんこの料理の時にはこのワイン!なんて決まりは一つもありません。食べたい料理に飲みたいワインを合わせればそれば一番美味しい飲み方なのです。ただ、『お好きなようにどうぞ』だけではあまりにも不親切。ほんの少しだけコツをご紹介しますので、参考程度に知っておいていただき、今度からワインを飲むときに思い出してもらえれば嬉しいです。そして興味をもたれた方は、探求心を持って、ワインと料理の組み合わせをいろいろと試していただきたいと思います。

1、『料理の味の濃さにワインの濃さを合わせる』
まず、一般的に「魚料理に白ワイン、肉料理に赤ワイン」といわれていますが。相性を一口で言えば、味の淡白な料理にはサッパリしたワイン。濃厚な料理にはコクのあるワインが合うといえるでしょう。つまり料理の味に近い濃さのワインを選ぶということです。刺身などの味の薄い料理を食べる場合は、その味を邪魔しないようにさっぱりとした白ワインを、逆にローストビーフなど味の濃い料理とあわせるには料理の味に負けないようにしっかりとした赤ワインがお勧めなのです。

2、『料理のソースや、料理自体にその日飲むワインを入れる』
これが意外と非常に効果的です。ワインを料理に入れたり、ソースに混ぜたりすることで、食事の際にそのワインとの相性がぐっとよくなるのです。ハンバーグのソースに赤ワインを入れてみたり、刺身のしょうゆに白ワインを入れるなど簡単な事でもかまいません。驚くほどその料理とワインが近づきますから、是非試してみてください。

3、『料理とワインの相性が合わないときはワインを薄めて飲む』
人によっては邪道と思われるかも知れませんが、高級レストランなどではなく自宅で楽しむ分にはワインをどう飲もうが勝手です。そんなときにもし料理とワインの相性がどうしても合わないようならワインに氷や水を入れて飲むのも一つの手なのです。相性の悪いワインをそのまま飲み続けるよりよっぽどマシです。ワインの味を薄めることで料理とぶつかることがなくなり、ずっと飲みやすくなりますよ。

などなど、料理とワインを合わせるためのコツはいくつかあります。しかし最初に述べたように、どの料理にどのワインを合わせるかは飲む人ひとりひとりの好みに合わせるのが一番の飲み方です。ワインを楽しむ最大のコツは、『好きなときに好きなように楽しく飲む』ということです。あなた自身の最高においしいワインの飲み方を見つけてくださいね。

トップに戻る 》
デルソル・チリワイン

インフォメーション

Information

Komeno-Mariko

シニアソムリエ米野真理子さんがDEL SOLを応援!
著書「ワインライフ入門」絶賛発売中!

無料サンプル

Sample Present

無料サンプル

DEL SOLの試飲をご希望の方々に、試飲用サンプルの無料贈呈キャンペーンを行っております。

ワインについて

About Wine

ワインについて

デルソルの生まれ故郷、南米チリ、簡単に分かる、ワインと料理の相性 、ワインのぶどうの種類 、ワインの香りなど・・・・

デルソル・チリワイン・携帯サイト