デルソル・チリ・ワイン

ワインが健康にいいって本当?

WINE : ワインが健康にいいって本当?

ワインはブドウに含まれている成分をほとんどワインの中に取り入れている為、多くのミネラル、ビタミン、ポリフェノール、が含まれており、体内の抗酸化作用、血圧降下、殺菌作用、抗ガン作用等、多くの効果 が期待されます。また、食品に含まれる栄養素は通常人体にその40%ほどしか吸収されませんが、ワインの栄養はほぼ100%体内に吸収されることからもその健康効果が期待されています。

ワインの健康効果を証明するもののひとつとして『フレンチパラドックス』と呼ばれるものがあります。パラドックスとは矛盾という意味。何が矛盾しているかというと、バターやクリーム、そしてたくさんの肉を使用するフランス料理。動物性の脂質が多く、毎日食べれば動脈硬化や心臓病などの疾患を引き起こす可能性はもちろん高くなります。しかしそのような料理を毎日食べているはずのフランスの人々の心疾患で亡くなる割合は、先進国の中では目立って低いのです。この状況を見た多くの研究者がフレンチパラドックスに関して調べたところ、どうやらワインが大きく関係している事がわかりました。

果皮や種子をそのまま発酵させる赤ワインにはタンニン、アントシアニン、カテキン、フラボノイドなどのポリフェノールと呼ばれる成分が多く含まれます。ポリフェノールには抗酸化作用があり、活性酸素を取り去ることで、動脈硬化、脳血栓、心臓の疾患に有効だと分かったのです。

フランスではワインはいわば"飲む主食"であり、昼食時"おかず"のパンを噛りながらワインを飲む姿はごく日常的な風景となっています。実際フランス人の1人当たりの年間ワイン消費量は約67リットルで世界一、イギリス人の6.5倍、ドイツ人の2.5倍になります(日本人と比べると70倍にもなります)。

最近の研究で赤ワインにはアルツハイマーを予防する効果があることも分かってきました。その他にもさまざまな健康効果が見直されているワインは現在、非常に注目されています。

また、白ワインには赤ワインほどのポリフェノールは含まれていませんが、優れた抗菌、殺菌作用が確認されています。白ワインを料理と一緒に飲むことで、食中毒や食あたりなどからおなかを保護してくれるのです。

しかし、これらはいずれも毎日、適量のワインを飲んだ場合のお話です。『酒は百薬の長、万病の元』の諺どおり、飲みすぎれば逆効果にもなりかねません。ワインの健康効果は一日ワイングラス一杯で充分とされています。飲みすぎに注意して、楽しく健康にワインを楽しんでください。

トップに戻る 》
デルソル・チリワイン

インフォメーション

Information

Komeno-Mariko

シニアソムリエ米野真理子さんがDEL SOLを応援!
著書「ワインライフ入門」絶賛発売中!

無料サンプル

Sample Present

無料サンプル

DEL SOLの試飲をご希望の方々に、試飲用サンプルの無料贈呈キャンペーンを行っております。

ワインについて

About Wine

ワインについて

デルソルの生まれ故郷、南米チリ、簡単に分かる、ワインと料理の相性 、ワインのぶどうの種類 、ワインの香りなど・・・・

デルソル・チリワイン・携帯サイト